ニキビ跡を作らないために!

ニキビって本当に困りもの!まずはニキビ予防!

ニキビが出来ると本当に嫌な気分になるものですよね。例え他人はあまり気にしなくても、自分は本当に気になるし、ニキビなんて大嫌いという方も多いと思います。 なので、まずはニキビがなるべくできないようにニキビ予防を日頃からしましょう。 1.洗顔は朝晩欠かさずやりましょう。出来れば泡立てネットを用意して、モコモコの泡で洗いましょう。泡が多いほど肌は傷つきにくいです。 そして洗顔の後はしっかり保湿!夏でも化粧水だけではなく、ちゃんと乳液もしくはクリームを塗って蓋をしてあげましょう。 2.食事は本当に大事です。きちんと三食食べ、野菜をなるべく多く採るようにしましょう。甘い物は基本我慢です。甘い物は美味しいですが、ニキビの敵です。 3.睡眠をたっぷりとりましょう。睡眠不足は美肌の大敵!しっかりと睡眠をとりましょう。

image

予防はしっかりしたのにニキビができた場合の対処法!

ニキビを作らないように日頃予防を心がけていても、やっぱり出来てしまう時もありますよね。 お顔にニキビがあると落ち込んでしまう人もいるのでは?でもこの時期が一番大事なのです!出来てしまったニキビ。今度は絶対にニキビ跡を作らないようにしましょう! ニキビが出来てしまったら、気になるかもしれませんが、その部分を絶対に触らないでください。 手にはバイ菌がいっぱいいます。その手でニキビを触ったら悪化してしまうかもしれません。ましてやニキビを潰してしまったら…。 ニキビを潰すと、色素沈着してしまい、ニキビ跡が非常に出来やすくなってしまいます。ニキビが出来たら絶対に触らないようにしましょう! そして、悪化させないためにも、髪の毛がなるべくニキビに触れないように気をつけましょう!